名古屋観光

名古屋観光

  •  
  •  
  •  

名古屋テレビ塔

1954年に開館した、名古屋市中区栄の久屋大通公園内に銀色にそびえ立つ日本で最初に完成した集約電波等で、栄の街のシンボルです。高さは180メートル、総重量3300トン。

地上90メートルに屋内型展望台スカイデッキがあり、地上100メートルには金網の保護のある屋外型の展望台スカイバルコニーがあり、名古屋市外を一望できるほか、御岳山や白山を見る事も出来ます。
夜には名古屋市内を中心とした夜景を見る事が出来たり、テレビ塔自体がライトアップされて、塔を外から眺める楽しみもあります。

展望台から南東方向の夜景を見下ろすと、オアシス21の水の宇宙船の光が美しく揺らめいています。
また、スカイバルコニーには「恋人の聖地」モニュメントも設置され、週末はカップルのデートスポットしても人気があります。
1階にはビアガーデンやカフェといった飲食店の他お土産等のショップもあり、4階にはウェディングや各種パーティに利用可能なパークバンケットがあります。

展望台へ行くにはエレベーターで3階のスカイターミナル内入場券売り場にて入場券を購入してスカイデッキ(展望)専用エレベーターで展望台に上る事になります。

2011年のアナログ放送終了に伴い、電波塔としての役目を一度終えることが明らかになった際には減収等への考慮からその存続が危ぶまれたこともありましたが、当時の市長が名古屋市議会でのテレビ塔存続を明言し、2012年からはスマートフォン向けのマルチメディア放送送信が始まり、再び送信所として活用される事となりました。
このことからもいかにテレビ塔が名古屋の市街地に根付き、愛されているかが伺えます。

アクセスは公共交通機関を利用される場合
地下鉄名城線 東山線 栄駅 下車3分
地下鉄名城線 桜通線 久屋大通駅 下車南改札4B出口を上がってすぐ
となっております。

▲ PAGE TOP 

Copyright 名古屋観光 All Rights Reserved.