名古屋観光

名古屋観光

  •  
  •  
  •  

大須商店街

名古屋市中区の中心部に位置し、門前町通りの大須商店街前交差点から北東に広がる東海地区最大のオタク街として有名な商店街です。

その始まりは、1610年の名古屋城築城と城下町の整備に伴い、現在の中区にあった萬松寺が移転してきたことと、更に徳川家康の命により岐阜県羽島市にあっ真福寺寶生院(大須観音)が移転して来たため、門前町として発展して来たところによります。

1970年代からは商店街等に家電店、パソコンショップなどが数多く集まり、日本三大電気街の一つとして数えられるようになりました。栄や名古屋駅周辺に高級ショップが建ち並び、人の流れの変化もありましたが、
現在では東海地区のオタク文化の聖地とも呼ばれるようになり、メイドカフェを筆頭に、アニメや漫画に関わるショップが多数存在します。

2003年からは毎年、7月下旬~8月上旬に世界コスプレサミットというイベントが開催され、世界各国よりアニメやゲームのキャラクターに扮したコスプレイヤーが集結し華やかなパレード等が行われます。このイベントは世界でもニュースとして取り上げられ、コスプレイヤーの参加国は毎年増加しています。

また、アニメや漫画以外の商業も盛んで、日本のみならず各国の飲食業の他、リサイクルショップ、ゲームセンターに大須演芸場、仏具店と業種も国籍も様々に賑やかで活気に満ちた商店街を作り上げています。
数百メートルの商店街にこれほど多種多様なお店と人が混在してごった煮のように熱く盛り上がっている、まさに名古屋を象徴するかのような場所だと感じます。

アクセスは公共交通機関を利用しますと、
地下鉄鶴舞線 上前津駅下車 徒歩2分
地下鉄鶴舞戦 大須観音駅下車 徒歩3分
にて行く事ができます。

▲ PAGE TOP 

Copyright 名古屋観光 All Rights Reserved.