名古屋観光

名古屋観光

  •  
  •  
  •  

土地の活用方法とは?

土地活用という言葉はたった4文字ですが、その種類は千差万別、非常に多くの活用方法が存在しています。最終的にはその中から1つを選択しなければいけません。

何よりも、どのような土地活用方法が存在しているのかを知っていなければ話にならないでしょう。選択肢が少ないままで1つを選ぶことがないように注意すること。

ここで紹介するのは、非常に基本的な土地活用の方法です。それ以外にもありますが、まずはこれらを押さえておいてください。

賃貸住宅を経営

投資としても注目を集める賃貸住宅の経営。
マンションやアパートの経営が基本。税金の節約にもなるので選びたくなる土地の活用方法ではありますが、借り手がいなければ収入に結びつかないためリスクもあります。

そのリスクを把握し、また、しっかりと借り手が見つかるような地域や土地なのかを見極めた上で賃貸住宅の経営に乗り出さなければいけません。

土地を売って資産を形成

すでに所有している土地を売却し、資産に変えるという考え方もあります。
土地ももちろん資産ですが、現金の方が使い勝手がいいと感じる人は多いでしょう。そうであれば、この方法によって不動産とは別の資産を形成するのも悪くはないはずです。

不動産業者に売却する、あるいは、不動産業者を介して第三者に購入してもらうというパターンが一般的です。

オフィスやショップの入るビル経営

そこに住む人ではなく、そこでオフィスや店舗を構えたい人のために部屋を貸すという活用方法もあります。土地しか所有していないのであれば、そのためのビルを建てなければならず、コストはかかってしまうでしょう。
しかし、借り手がいれば定期的な収入を得られるため、非常にいい活用方法、そして投資方法となるはずです。

これも賃貸住宅の経営と同様に、その地域や土地の特性などが関わってくるため、十分な見極めが必要となることだけは覚えておかなければいけません。

定期借地で資金を得る

期間を決めてその土地を他者へと貸す、いわゆる定期借地という方法で収入を得ることも可能でしょう。30年や50年といった長いスパンでその土地を貸すことになります。しかし、所有者は変わらないため、その30年や50年が過ぎれば元通り。

30年分、あるいは50年分など、その土地を貸す期間に応じた賃料を受け取ることができますから、大きな額のお金を手に入れたい人には、有効な活用術となるはずです。

駐車場を運営して収入獲得

駐車場を運営している業者に土地を貸して、賃料を受け取る土地活用方法です。
車の通りが多いけれども駐車場が不足している地域であれば、非常に多くの収入を得ることが可能です。

等価交換という考え方

所有している土地に、業者が建物を建てます。その後、その土地の価値に見合った建物の一部を所有者が受け取ることができるというシステムです。
土地の価値によっては多くのスペースを保有することが可能です。

土地によってはロードサイド店舗

これも場所によりますが、幹線道路沿いに土地を有しているのであれば、そこにお店をオープンさせることで土地の活用ができます。
土地そのものをお店の運営業者に貸してもいいですし、建物を建てた上で貸してもいいでしょう。

多角的・総合的に判断して決定すること

地域、場所、リスク、そこにいる人々の特徴、社会情勢、流行など、こうしたものを勘案して、広い視野で見つつ総合的に判断し、土地の活用方法を見出してください。

安易に決めないこと。何度も比較検討することで、ベストな活用方法を見つけなければいけません。

>>さまざまな土地の活用法<<

▲ PAGE TOP 

Copyright 名古屋観光 All Rights Reserved.