名古屋観光

名古屋観光

  •  
  •  
  •  

名駅地下街

名古屋市の地下街の多さは全国的に有名で、その数や規模は日本一とも言われています。
中でもJR名古屋駅周辺に広がり相互に行き来ができるいくつかの地下街は、その広さと複雑に入り組んだ通路によりまるで迷路脱出ゲームをやっているみたいな感覚になります。

まず、駅のコンコースを通り、桜通口を出て階段を降りると、地下街「テルミナ」が広がります。
ここは地下鉄東山線と桜通線の改札口があり、白いタイル床が印象的な地下街で、少し歩くと名鉄の改札まで続く通路があります。
この奥は「メイチカ」と呼ばれ、やや幅が狭い道の両側にお土産物等を中心としたショップが続きます。
さらに「ユニモール」が桜通に沿って伸びています。ユニモールはレディスカジュアルのショップが中心らしく行きかう人々もやや年齢層が若くなります。

一方、「テルミナ」から南側には周囲のオフィスビルへと続く地下街「サンロード」が伸びています。
サラリーマン中心の人通りで、コーヒーショップや飲食店などが充実しています。サンロードを抜けるとやや古めかしい地下街「ミヤコ地下街」へとたどり着きます。

文章にするとあっさりしていますが、これらの地下街がシームレスにつながっており、慣れてない人は自分が今どこにいるのかが把握できず目的地を見失うことが日常茶飯事です。

また、入居しているショップ数もかなり多く、雨にぬれずに様々な買い物が楽しめるというのもこの地下街群の特徴の一つです。
ただし、通行はシームレスでも、これらの地下街はそれぞれ経営母体が異なるため、バーゲンやクーポン券、クレジットカードなどそれぞれが
オリジナルのサービスを提供していることは注意すべき点です。

▲ PAGE TOP 

Copyright 名古屋観光 All Rights Reserved.