名古屋観光

名古屋観光

  •  
  •  
  •  

名古屋市科学館

名古屋市中区の白川公園内にある市営の科学館です。1962年に市政70周年の記念事業として建設され、2011年にはリニューアルオープンし、巨大なプラネタリウムドーム「Brother Earth」がひときわ存在感を放つ外観となっています。

施設の外にはH-IIBロケットや国際宇宙ステーションの日本の実験棟「きぼう」の構造試験モデルが展示されていて、館内に入る前から宇宙や科学についての興味がぐっと湧いてきます。

施設は地上7階地下2階建てとなっていて、東側が科学技術や物理学と身近にふれあい楽しむ事ができる「理工館」があり、西側には地球の自然や、人体、生命の仕組みについて子どもから大人まで興味を持てるようわかりやすく展示されている「生命館」に分かれており、さらに4階から6階のプラネタリウムと宇宙にまつわる展示の階層は「天文館」と呼ばれています。

外観に置いても非常に目立つプラネタリウムはその大きさは内径が35メートルもあり、2011年にはギネス世界記録にも認定されています。
プラネタリウムの投影機は9100個もの恒星の明るさと位置をほぼ正確に再現できる光学式プラネタリウムと、光学式プラネタリウムと連動して、ドーム内部に様々な効果的映像を加える事が出来るデジタル式プラネタリウムが活躍しています。
休日や学校等の長期休暇の時期には朝からチケット購入のため長蛇の列ができるこの科学館の一番の人気の施設です。

館内には他にも極地(南極・北極)の気温を体験しながら氷の観察や極地での研究の意義を知ってもらう体験型展示「極寒ラボ」があったり、過去の地球を知る展示では、巨大な肉食恐竜マプサウルスの復元骨格の展示もされています。
更に地下の企画展示室では数ヶ月ごとに興味深い企画が開催されています。

全館バリアフリーに対応しており、各階に多目的トイレが設置されているほか、3階の休憩所には赤ちゃん休憩コーナーも設けられております。売店、喫茶店もあり夏休みの自由研究にも非常に役立つスポットとなっています。

◆アクセス
公共交通機関を利用する場合
地下鉄東山線・鶴舞線 「伏見駅」下車 南へ徒歩6分
名古屋市営バス「白川公園」から北へ徒歩3分 「広小路伏見」から南へ徒歩6分

◆URL
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/ 

▲ PAGE TOP 

Copyright 名古屋観光 All Rights Reserved.